2009年11月27日

内藤頑張れ!!!

オレは見るぞ!
内藤を応援してるぞ!

【送料無料選択可!】The Most Exciting Boxer内藤大助2008 / 内藤大助

【送料無料選択可!】The Most Exciting Boxer内藤大助2008 / 内藤大助


 ◆プロボクシングWBC世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ 王者・内藤大助(宮田)−同級3位・亀田興毅(亀田)(29日、さいたまスーパーアリーナ) WBC世界フライ級王者・内藤大助と挑戦者・亀田興毅の世紀の一戦が世界戦の日本人対決で過去最高の観客数となることが26日、分かった。これまでは00年の畑山29日隆則―坂本博之戦の1万6000人が最高だったが、それを上回る約2万枚のチケットがすでに販売などされていることが判明した。

 注目対決にふさわしい舞台が整いつつある。今世界戦のタイトルマッチ事務局によると、一般販売やスポンサー用の席を含め「すでに2万枚近くのチケットが出ています」という。会場の観客収容数に差があるとはいえ、日本人同士による世界戦では名勝負を繰り広げた94年の薬師寺―辰吉のWBC世界バンタム級王座統一戦はもちろん、畑山―坂本戦の1万6000人を更新するのは確実な状況。内藤と興毅が激突する注目の一戦は、大観衆の中で行われることになった。

 不況の風を吹き飛ばした。同事務局によると発売当初からコンスタントに売り上げを伸ばし、「先行予約の段階から問い合わせは多かったのですが、今でもありがたいことに多い」という。スポーツイベントのチケット販売が軒並み苦戦する中、2万人を集めるのは至難の業。「準備期間が長かったことや、テレビなどの露出が多いことも要因ではないでしょうか」と事務局関係者は分析した。

 収容数が約2万2000人ということもあり、当日券も会場のさいたまスーパーアリーナで発売される。弟・大毅を破り、一躍スターダムにのし上がった内藤とあだ討ちを狙う興毅の運命の一戦は、結果はもちろん、視聴率、観客数などの記録もどこまで伸びるか注目される文字通りのビッグマッチになりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091126-00000297-sph-spo
内藤大助 亀田興毅 内藤 亀田 グラグラ
posted by るんるん at 08:23| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。